ご質問・お問い合わせ依頼等

  • 目的
  • 昭和48年の発足以来、沼津地区に所在する各事業場の環境保全担当者間の親密な連携により、環境保全に係わる法令や各種環境情報の収集・周知および環境保全技術の研鑚に努め、地区の環境をより良いレベルに向上させ、健全な経営の遂行を図ることを目的に活動しています。

  • 平成30年度事業計画 (平成30年4月1日~平成31年3月31日
  •  本協議会の活動は、沼津地区に所在する事業場の環境保全担当者間の親密な連携により、環境保全に係わる法令や、各種環境情報の収集・周知および環境保全技術の研鑚に努めることにより、事業者の健全な経営の遂行に寄与し、地区の環境をより良いレベルに向上させることを目的としています。
     東日本大震災から7年余りの歳月が経ちましたが、原発は一部再稼働をしておりますが、ほとんどの原発は依然稼動は停止したままとなっています。そのような状況を踏まえて、国は原発への依存度を下げ、2050年までに太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「経済的に自立した主電源」にすることを目指す方向に大きく舵を取ることを検討し始めました。このことは事業経営に大きな影響を及ぼすと共に再生可能エネルギーに関連する市場が益々拡大する可能性があり、それに対応するための技術開発及び制度改革を加速しなければなりません。
     沼津市では、「沼津市環境基本計画」における環境目標『子どもも大人もみんなで地球環境を守るまち』の実現に向け、温室効果ガス排出抑制策を具体化するための行動計画「沼津市地球温暖化対策実行計画」が策定され、市民・事業者・市等の各主体による取組を総合的かつ計画的に推進していくこととなっています。
     本協議会は、事業活動及び市民生活での気候変動を始めとする様々な環境負荷を低減し、快適な環境づくりの為に、研修・情報交換・交流の場としての機能を生かし、会員の活発な参加により下記事業を実施して、環境保全を積極的に推進していきます。

  • 活動内容
  • 1.講演会・研修会の開催
    2.会員企業及び優良企業視察見学会の実施
    3.機関紙「水と空」の取材・発行と電子化による広範囲な情報提供の推進
    4.静岡県や沼津市との連携強化
    (沼津市環境基本計画、省エネネットワークぬまづ、まちピカ応援隊)
    5.沼津商工会議所の環境保全事業との連携
    6.省エネ・産廃・環境保全運動への取組み
    7.新規会員の加入促進
    8.会議の開催

copyright (C) 沼津地区環境保全協議会 All Right Reserves.